上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷え取りをはじめて1ヶ月経ちました。
スポンサーサイト

キッズヨガのレッスンで私が毎回する事があります。

それは、
「ライオンさんになって〜」と指示して、
子ども達に(ママも一緒に)、四つん這いになってもらいます。
ドシドシと音を立てるように、
堂々と動き回ってもらいます。
スピードを出して動き回ってもらったり、
ゆっくりにしてみたり、
それはその時々でバラエティを出します。

そして、突然
「ねんね!!!!」と指示をだし、
チャイルドポーズ(子どものポーズ)で
一斉に停止です。
静寂の時間を作ります。

しばしの静寂の後、
再度動き回ってもらい、そしてまた静寂。
これを数回繰り返します。


このエクササイズは、
ハイハイを卒業した子ども達に、
四つん這いで使うコアの筋肉を鍛えるだけじゃなく、
静と動の動きの繰り返しが
情緒の安定にとっても良いようです。

うちの娘にも効きました。

このエクササイズをそのまま使えるのは家の中だけですが、
家の中で、あまりに暴れて手を焼いたり、
何か気に入らない事があってご飯をひっくり返したりが続いた時、
私は半分やけになりながら「ライオンさん!!」と言います。
一緒になって四つん這いになり部屋中を動き回ります。
(うちには、ラブラドールがいます。
彼女は仲間が増えた〜〜!と大喜びで、
私の顔中を舐めまくりますが、忍耐です。)

「ねんね!!!」と私が言うと、
娘は、反射的にチャイルドポーズです。
その状態で、しばらく背中をさすってあげます。
※背骨は触らないようにしましょう。

ついでに仙骨のあたりもなでてあげます。
仙骨のあたりは自律神経系が束になっています。
※円を書くようになでましょう。

娘は、その一連の動作でかなり落ち着きます。
さっき暴れていた理由をすっかり忘れてしまっています。
普段から、このエクササイズを子どもに教える必要がありますが、
いざというときに使えます。
どうぞお試しください。

もし、実際にやり方を知りたいという方は、
どうぞこそだてしえんかふぇPICKNICKのMama and Me!! Yogaにご参加ください (o^^o)//



私が勝手に生み出した子育て術を紹介します。

うちの子、1歳10ヶ月。
女子だからか、ちょっと早めの1歳6ヶ月ぐらいから
少しずつイヤイヤが出て来て、
どこで琴線に触れるか分からない恐怖と日々戦っていました。


①【娘の理不尽との戦いの日々、3ヶ月間】

何に気に入らないのか、
突然、私が作ったご飯をバーン!とテーブルから払いのけたと思ったら、
「ママ、取って!!」と叫びまくる。
いやいや、あなた、全部ぶっ飛んでったから、取れないって!!
と、言ったところで、何も変わる分けじゃないから、
黙々と掃除をする母を尻目に、
娘はギャーギャーバタバタドッカンドッカン。
そんな日々が続いておりました。

いろいろ試しました。
日々実験しました。
ヨガ的に、自分の心は静めて、
なるべくありのままの彼女を観察しようと心がけました。
もちろん、心がけただけで、
出来ない時の方が圧倒的に多かったけど。


②【ついにたどりついた、私流】

最近ようやくたどり着いた、私の子供とのつきあい方。
名付けて、Yin & Yang 子育て術!!
きっと先輩ママ達はとっくにやっている事かもしれませんが、
私は私なりに、やっとたどり着いたので、是非紹介したい!

Yin & Yangなので、陰と陽のバランスを取ります。
バランスは、家全体で取ります。
なので、娘がイヤイヤー!キャーキャー!!【陽】となったら、
私は【陰】担当。

とにかく、静かに、落ち着いて、対応します。
時には、小声でささやきかけるぐらいに。
娘のイヤイヤ、キャーキャーは、押せ押せなので、
それもバランスを取って、私は引きます。
「そっかー、そっかー、そうだよねー、そうだよねー」って。
1歳11ヶ月の娘の言い分なんて、
全く理屈じゃないし、本人も何が嫌なのか分からない時もあります。
でも、とりあえず引く=聞く。
聞き流す。(10/21追記)

そんな事を2〜3分も繰り返してると、
娘も落ち着いて来て、
私の言う事に耳をかすようになってきます→【中庸】
タイミングを見計らって、中庸を壊さないように、
私の言いたい事を穏やかに伝えます。
意外や意外、1歳11ヶ月の娘が、
私の言う事を聞いてくれるではないですか!!



③【Yin & Yangのポイント】

ポイントは、陰陽のバランス。
子供のイヤイヤの度合いによって、こちらの穏やかさを調節します。
家全体でバランスを取って、中庸を目指します。
パパがいるときは、パパにも協力してもらいます。


子供のイヤイヤが理不尽すぎたり、
親にも余裕がなくて、バランスなんて考えてられん、って時もあります。
もし可能なら、ひと呼吸置いて、
例えば、深呼吸をして心を落ち着けたり、
部屋を変えて気持ちを切り替えたりしてから、
バランスを取りにかかる時もあります。
でも、それすら出来ないぐらい、
お互いのコンディションが悪い時もあります。
そんな時は、無理にする必要は無いです。
私も出来るときしかやりません。

ただ、少しずつでもいいから、
中庸の状態を心がけていたら、
娘の様子が変わってきました。
昔から、明るい性格だったけど、
最近さらに明るくなってきました。
イヤイヤの回数も心なしか減ってきたし、
理不尽な事でイヤイヤする事がなくなりました。


④【あれ?これって、】
ここまで書いてみて、気がついたけど、
これって営業マンが使う話術と一緒じゃない??
人間関係を円滑にまわすためのコミュニケーション術とも一緒。
yin & yang子育て術なんて、偉そうな名前を付けてみましたが、
要するに、自分の子供でも大人と同じように尊重して
しっかりコミュニケーションを図らなきゃいけないって事だったんですねぇ。
イヤイヤを助長してたのは、私が原因だったって事か。
反省してます。


現在、娘は1歳11ヶ月。これからどうなっていくのでしょう。
魔の2歳は、すぐそこです。
このまま、yin & yang子育て術が、通用しますように!!





最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。